読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フヒねむのブログ

ねむくて仕方がない日々の記録を残せたらいいな、と思っています

【読書感想】「アイヌと縄文」

アイヌと縄文: もうひとつの日本の歴史 (ちくま新書)

アイヌこそが縄文人の正統な末裔であることが、最近のさまざまな研究や調査で明らかになっている。平地人となることを拒否し、北海道という山中にとどまって縄文の習俗を最後まで守り通したアイヌの人びと、その文化を見ていけば、日本列島人の原郷の思想が明らかになるにちがいない。交易、祭祀、葬制、遺跡とその遺物、言語などの多方面にわたる最新のアイヌ研究を総合し、弥生文化を選択した現代日本人にとって、ありえたかもしれないもうひとつの歴史を叙述する野心的試み。

Amazon内容紹介より

先日読んだばかりの「アイヌ学入門」がとても興味深く、アイヌのことについて何も知らないなあ、ということを実感しまくりであったので、著者の次の著作である本書も読んでみることにしました。鉄は熱いうちに打て、とは言いますが、適切に打たなければいけないよな、と思ってしまう読書ではありました。


さて「アイヌと縄文」です。本書は第1章-アイヌの源郷、第2章-流動化する世界、第3章-商品化する世界、第4章-グローバル化する世界、第5章-アイヌの縄文思想、で構成されています。そして当然と言えば当然ですけれども、基本的には本書は「アイヌ学入門」とほとんど同じ内容が書かれている部分も多いです。読んだ時期の間隔が短かったこともあり、また理解の深さよりも浅くても出来るだけ広い知識を欲している自分としては、少し退屈な読書になってしまった部分もありました*1。しかし「アイヌ学入門」と題されていた前著よりも、もう少し踏み込んだ内容もありますので、理解を深めたい方には続けて読むと効果的なようにも思います。

個人的には前著で気になっていた沈黙交易に関しての部分が第5章で触れられていたので、一番興味深く読みました。正直、自分としてはこの部分だけでも満足感がありますね。アイヌに関しての内容ではなくなりますけれども、引き続き「贈与論」を読んでみたくなりました*2。また「疑似親族」というシステムについても興味があるので、それに類する気軽に読める書籍があれば読んでみたいところです。

また第5章には少しだけではありますが、白頭山の噴火の影響による東北地方における移住に関しても触れられていて、小氷期によるものだけではなく、自然現象が歴史に与えたであろう影響についても考えさせられました。「10世紀中葉に東北北部全体で人口が半減した」と書かれていましたが、当時の人口自体はそれほどのボリュームではないにしろ、その影響が相当なものであったことは想像するのが難しくないですよね。


ところで著者の瀬川拓郎氏は、はてなダイアリーに結構長いこと継続して投稿されているのですよね。先日、前著を読んで感想文を書く際に検索したら、何となくそうかなあ、と感じたエントリーを読み、今回再びいくつかのエントリーを読んでみて、ほぼ間違いなくご本人であることを確認しました。idコールしてしまうのが嫌なのでURLは載せませんけれども。そのエントリーを読むことで、どうやって本書や前著が書かれてきたのか、何となく感じることが出来るので面白かったです。気になる方は本書に関連しそうな単語で検索すれば簡単に見付かると思いますので、試してみてください。


そんな訳で「アイヌと縄文」は前著から引き続き、自分がアイヌのことに関してほとんど何も知らなかった、またこれまで持っていたイメージと実際のアイヌ像との距離を改めて感じさせられるような本でした。また少し間を空けてから類書を読めればと思います。

*1:あまりにも続け様に読みすぎてしまった自分が悪いだけです

*2:内容的には難しそうなので、若干不安はありますけれども…

【漫画感想】「アリスと蔵六」 8巻

アリスと蔵六 8 (リュウコミックス)

老人の名前は“蔵六”。「曲がった事が大嫌い」な頑固じいさん。少女の名前は“紗名”。“アリスの夢”と呼ばれる不思議な能力の持ち主。“研究所”から逃げ出して、初めて“外の世界”を知る。紗名の不思議な能力など関係なく「悪いことは悪い」と説教してくる蔵六との出会いが、紗名の運命を、そしてこの世界の運命をも大きく変えていくことになる――。8巻では…新キャラクター【ノエミ】が登場。物語は【蔵六の過去】へと迫っていく……。

Amazon内容紹介より

アニメも絶好調のようですね。ちなみに自分は残念ながら放送開始と同時期に放送されていない地方へ移動してしまい、更にはインターネット環境も未だに整っていないので、まったく観れていません。インターネット開通後にでも、どこかしらで観ることが出来るチャンネルがあると良いのですが…。結局、アニメはどの辺りまで進むのでしょうかね。その辺りも後日の楽しみにしたいと思います。


さて「アリスと蔵六」の8巻です。蔵六さん、ただのじーさんではないと思っていましたが、随分と若い*1頃から修羅場をくぐっていたようです。むしろ、このような修羅場をくぐり抜けていないと、あんな感じのカッコ良いじーさんになることは出来ないのかも知れない…という軽い絶望すら感じます。そして、その修羅場をくぐり抜けてきた蔵六さんですら、苦悩してしまう紗名ちゃんを巡る事実…理解することが出来ないことをどうやって消化していくのか、9巻以降で蔵六さんが紡ぐ言葉が気になります。

それにしても、冒頭カラーシーンで未来の紗名ちゃんと思われる女性が訪れている2つのお墓は誰のお墓なのでしょうか…。悲しいですけれども1つはきっと蔵六さんだろうな、という予想はするのですが、もう1つは…?1つが蔵六さんだとして、そのお墓と並んでいるということは…。さすがに早苗ちゃんという耐えられそうにない展開はないでしょうから、きっと紗名ちゃん自身のお墓なのだろうな、という気はするのですが、どうでしょうか。前々から感じていることではありますけれども「アリスと蔵六」は可愛い雰囲気があってほのぼのしていますけれども、その実かなり厳しい問題を掘り下げて来ますよね。うっかりするとヤラれてしまいそうになります。


ところで8巻になって7巻では曖昧だったワンダーランドでの状況が少しずつ明らかになってきました。紗名ちゃん自身に関しては予想通りではありましたが、その経緯は紗名ちゃんの力ではなく、ワンダーランドによるもののようです。また紗名ちゃん以外の生き返った人々も同様だった模様。そして7巻の時点では復活、ということで単純に喜んでしまいましたが、それほど事態は単純ではなさそうです。描写があった訳ではありませんでしたが、状況は結構エグいことになっています。その点、7巻表紙でいなくなってしまいそうな雰囲気を醸し出していた一条さんは足に怪我をしている、とのことでしたから、単純に怪我をしただけで済んだようですね。好きなキャラクターだったので嬉しいです。また活躍してくれると良いのですが。一条さんの代役の宇佐見さんは紗名ちゃんが言う通り、何だか怖いですしね。


また表紙裏には「メイドインアビス」の「つくしあきひと」氏によるおまけ漫画が載っています。こちらはこちらでメイドインアビスの雰囲気まんまな感じの可愛い絵柄で攻めてますね。羽鳥ちゃんのシュゴッには大いに笑いました。「今井哲也」氏と「つくしあきひと」氏のtwitterアカウントを見ていても思いますが、好きな漫画家さん同士が時々でも仲良く会話していたりすると、何だか見ているだけで嬉しくなってしまいますね。


そんな訳で「アリスと蔵六」の8巻は「ノエミ」ちゃんという今後のキーパーソンになりそうな予感のする新キャラクターも登場したり、蔵六さんの過去編が少しずつ進んだりと、9巻がとても待ち遠しい内容でした。9巻は今冬発売予定とのことですから7巻と同様に半年後の11月発売でしょうかね。今から楽しみです。

*1:小さい?

【漫画感想】「恋情デスペラード」 4巻

恋情デスペラード 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

紋子、メイド服強制着用!

今回出会ったイケメンは、インテリジェンス系お殿様。
紋子ちゃん、メイドコスに身を包み、ご主人様のためにエンヤコラ。
立ちふさがるは、前巻登場の新たな追っ手“ブラック紋子”!
その正体やいかにでまさかの事態に!?
とんでもない大物まで巻き込んだ空前絶後のーーー第4巻!!

Amazon 内容紹介より

3巻までは表紙の巻数のところにあった、巻数と同じ数の弾痕が4巻から数字上から外れてしまいました。まあ、そろそろ数字が見えなくなってしまいますから仕方がないですね。そっかー、そんなにこだわりはなかったかー、と1人で納得してしまいました。それにしても表紙のメイド服紋子ちゃんの魅力的なこと…。これは表紙買いしてしまう人続出なのでは!?と想像してしまいます。表紙の紋子ちゃんだけでなく、中身の紋子ちゃんもとても魅力的なので、たくさんの方に読んで欲しいですね。


さて「恋情デスペラード」4巻です。4巻では3巻末で登場したブラック紋子的な「夜叉子」さんが本格的に登場しました。このキャラクターはなかなかに破壊力抜群で人気も出そうですね。「Dixie お猟」さんの立場が危うくなりそうな予感です。Dixie お猟さんも5巻には登場してくれそうなので、新たな魅力で巻き返してくれるかもしれませんけれども。それにしても"オリガミ”とは何なのでしょうかね。暗殺者養成所みたいな所なのでしょうか。謎が深まります。4巻では紋子ちゃんと夜叉子さんのバトルシーンはほとんどなかったので*1、5巻以降には本格的なバトルシーンも待っていそうですね。楽しみです。

それにしても夜叉子さんが登場したお話に出てくる回のイケメンさんにしろ、その後に登場する家柄の良いイケメンさんにしろ*2、どちらのイケメンさんも紋子ちゃんを初見で一発ノックアウトするタイプではなかったようです。それとも紋子ちゃんが数々のイケメンさんとの出会いを経て、イケメンセンサーが少しは厳しくなったのでしょうかね。ただノックアウトされなくても、ぽっと頬を赤らめる紋子ちゃんは本当に可愛いとしか言いようがありません。ちなみに4巻で一番可愛かった紋子ちゃんのコマは、変化球ではありますが、夜叉子さんの手料理を食べて、その美味しさのあまり宇宙を感じてしまう紋子ちゃんです。夜叉子さんにキスについての質問をする一連の紋子ちゃんも非常に捨てがたいですけれども…。
f:id:fuhinemu:20170515154516p:plain

ちなみに後半に登場したイケメンさんに関しては、今後も登場しそうですね。今回出てきたショーグンは暴れん坊将軍的なことをしている人なのかな?とか想像しました。ショーグンとトゥルー・ショーグンの関係がよくわかりませんけれども、きっとこれから明らかになってくるのでしょう。八州廻り*3の面々も5巻以降には敵役として登場するのでしょうか。手下衆よりも先にボスであるショーグンが登場してしまいましたし、敵対関係ではなかったので、今後の展開が正直よめません。ただ楽しみにして待つことにします。


ところで恋情デスペラードはなかなか不思議な世界観で、そこがまた魅力の1つですけれども、4巻で登場した「遺物」の存在によって現代文明が崩壊した後のお話、という設定なのかな、というところが若干感じられました。恐らくはそこまでお話に必要ではない設定なのでしょうけれども。「ネオ・ニッポン書記*4」というものの存在も新たに明かされていますね。「続・ニッポン記」とかもあったりするのでしょうかね。


そんな訳で「恋情デスペラード」4巻はやはり紋子ちゃんが可愛かったです。夜叉子さんも良かったですけれども、個人的にはやはり紋子ちゃんが最高です。紋子ちゃんに勝るものなし。5巻でも引き続き紋子ちゃんの活躍に期待です。少しだけDixie お猟さんにも期待しておきます。

*1:別の戦いでは紋子ちゃんの完全敗北で決着がつきましたが…

*2:そういえば、今回登場したイケメンさんは2人とも間違いなく家柄は良さそうですね

*3:エイト・マーシャルズ

*4:あえてなのか、書紀ではないんだ、という疑問はありましたね