フヒねむのブログ

ねむくて仕方がない日々の記録を残せたらいいな、と思っています

【漫画感想】「甘木唯子のツノと愛」

甘木唯子のツノと愛 (ビームコミックス)

ツノのある妹と、ツノのない兄。母親と離れて暮らすふたりは、ある秘密の“特訓”を続けていた……。
痛くて愛おしい“ちいさなおんな”たちを描く、四編の物語。

収録作◆『甘木唯子のツノと愛』全3話 /『透明人間』/『へび苺』/『IDOL』

Amazon内容紹介より

こちらと同様に書かねば書かねば、と思いながらなかなか書けなかった感想ですね。まだそれほど時期を逸するまでにはなっていないと思うので、良かったです。短編集はなかなかどのお話に焦点を絞って書くのかを決めきれなくて、感想が書きにくくなってしまうことが多いです。といっても、ここではまだそれほど短編集の感想を書いていませんけれども…。今後、書く予定はありますよ。


さて「甘木唯子のツノと愛」です。4つのお話からなる短編集で、独立したお話それぞれに異なった魅力がありますが、共通しているなと思えるのは、どのお話でも人の姿形が変わる*1、というところでしょうか。「透明人間」では実際には透明になっている訳ではありませんけれども、登場人物が自身の存在感のなさを透明人間のように視覚的に見えないからだと恐れています。「IDOL」では子どもの成長と巨大化して戦う女子高生が登場します。また「へび苺」では着ぐるみのような物を身に着けて人格が乗り移ったり、蛇になったり…。そして表題作である「甘木唯子のツノと愛」では、唯子の額にあるツノが変化します。


表題作「甘木唯子のツノと愛」に関しては、このサイズのツノだったら自分は鬼を連想するのですが、お話の中ではユニコーンのツノとして描かれていたようですね。ユニコーンのツノだとすると、そのツノが甘木唯子という女の子の額にあることに若干の違和感を感じました。ユニコーンと言えば有名なところでは「純潔」「貞潔」の象徴といったところでしょうか。よく語られる「処女の膝の上でしか眠らない」というアレですね。もしくはこのお話の中にも登場したノアの箱船にまつわる「獰猛さゆえにノアの箱船に乗れなかった」というエピソードでしょうか。そのどちらも直接的には甘木唯子自身とは関連付けにくい、と自分は感じました*2

その兄である甘木宏喜にはツノがありませんが、彼の怒りの象徴としてのツノということであれば、何となくそうかな、と思わなくもないです。「獰猛さ」という程のものでもありませんけれども、消化しきれない想いとエネルギーを持て余している様子はありますし、男性かつ「純潔」「貞潔」というイメージも当てはまります。ただ、それがなぜ妹の甘木唯子の額に表出するのか、ということはわかりません。妹の甘木唯子が兄の甘木宏喜に対して「じゃ ひろちゃんは なんでツノないの?」と問うシーンを見ても、当人たちがしっかりとそのことについて理解している風ではありませんでしたしね。

恐らくツノは兄である甘木宏喜の心象描写で、それが甘木宏喜を通して妹の甘木唯子にも見えるようになった、ということなのでしょう。だからこそ他の登場人物たちには甘木唯子のツノが見えているようには思えませんし、また「あたしがすることは 全部ひろちゃんがしたいことだよ」というセリフが甘木唯子から発せられるのだろうな、と想像します。ただ甘木宏喜による1コマだけの過去の回想から考えてみると、一般的に言われているユニコーンのイメージとは特に関係なく、ユニコーンのツノは母親の象徴ということだったのかもしれませんね。正直、どの予想の通りであっても、そうでなくても良いのですけれども…。そしてそんな話がどうでも良く感じられるくらいにラストシーンへの流れが最高でした。本当に映画を観ているようでしたね。この一連のシーンのためだけに映像化しても良いくらいに心が揺さぶられるシーンでした。きっとこれが愛なのでしょうね。一見の価値ありです。


そんな訳で「甘木唯子のツノと愛」は読みやすい、とは言えないのに不思議と魅力が溢れていると感じる漫画でした。絵はいわゆる漫画らしくないところがあったりもしますけれども、久野遥子氏のプロフィールを読んで納得すると同時に、今後の漫画が一層楽しみになりましたね。

*1:ように見える

*2:あえて「獰猛さ」を挙げるとするならば、お話の冒頭シーンくらいでしょうか…

【漫画感想】「ダンジョン飯」 5巻

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)

迷宮の主人にして不死者。狂乱の魔術師、現る!

炎竜(レッドドラゴン)を倒し、ついに妹のファリンを救出したライオス。
ホッとしたのも束の間、彼らの前に、迷宮の主・狂乱の魔術師が現れる……!
果たして、ライオス達は生きて迷宮を脱出できるのか!?
生きて帰るまでが冒険だ! 食事もストーリーも怒涛の第5巻!

Amazon内容紹介より

表紙絵は復活したばかりのファリンさんでしたね。抱えているのは聖書的なものかと思いきや、まな板です…。右手に振りかぶったのはメイスではなくて、もしかしたら巨大なミートハンマーでしょうか。このミートハンマーであれば、炎竜のお肉も柔らかく頂けそうですよね。炎竜のお肉を柔らかくするためのミートハンマーを使うにはまな板の大きさが圧倒的に足りなそうではありますけれども…。そして、まな板ごと砕けそうです。


さて「ダンジョン飯」5巻です。もう5巻ですか…5巻くらいで完結する漫画だと思っていましたけれども、まだまだ続きそうですね。ダンジョン飯を長く楽しめる、という意味では嬉しい話ではありますが、この展開はサクッと終わることのできる漫画である時期を逸したと言えなくもないと思います。その結果として最終的にどう評価されるのかはまだわかりませんけれども、今はただ1巻1巻ダンジョン飯を楽しむ、というスタンスで読んでいこうと思っています。

ちなみに九井諒子氏のお話作りはかなり安定していると思いますので、ダンジョン飯のお話が急激に面白くなくなる、という不安は抱いていません。ただし「飯」に関して言うと、若干目新しさが欲しいかな、というのはありますね。基本的にはずっと、倒した魔物たちをライオスさんが食べたそうに見ているところで、センシさんが腕を奮って素敵な料理にして、後の2人は嫌々ながら食べて、困ったことに美味しかった…という流れですから。むしろ、メインストーリーのシリアス度合いが増すごとに「飯」部分の気の抜け方や単純な面白さはますます重要になってきている気がします。そういう意味ではパ―ティーが拡大するか、他のパーティーの様子まで詳細に描かれる今後が予想できますから、今までにはなかった「飯」パターンは登場しそうですね。シュローさんパーティーによる東方料理をセンシさんが学ぶ、アレンジする、みたいなことも今後はありそうな気がします。

また、まだどのような人物なのかはイマイチわかりませんけれども、狂乱の魔術師やデルガル様みたいな少しスケールの大きいキャラクターやカブルーさんのような癖のありそうなキャラクターを今後どう調理*1していくかは楽しみですね。その辺りのキャラクターにはシリアス一辺倒でいくのか、それともギャグパートにも引っ張り込むのか…なかなか判断が難しそうです。カブルーさんパーティーの面々は積極的にギャグパートに参加してくれそうな雰囲気を既に醸し出して*2いますけれども。


ところで一時撤退を決定したライオスさんのパーティーですけれども、そのままお話も一旦ダンジョンの外まで広がるのでしょうかね。ダンジョンの成り立ちやそれを取り巻く状況までをクリアにする、という漫画なのであれば、ダンジョンの外までお話が広がっていきそうな気もしますけれども、少し広がりすぎそうな気もしますし…。帰り道で諸々あって解決、みたいなことになるのか、そもそもパーティーが拡大して帰る必要がなくなった、という判断をするのか、6巻での展開も気になるところです。


そんな訳で「ダンジョン飯」5巻は相変わらずの面白さの一方で、シリアスな長期展開が確定的と予想される巻になりました。若干「飯」分が不足しがちに見えるのでセンシさんには「若者には飯を食わせなければ」の精神で今後も頑張っていただきたいところです。個人的にはミックベルさんとクロさんのコンビの笑いに期待しています。

*1:「料理」という意味ではなく

*2:というか、既にギャグパートを担当して

【漫画感想】「ウィッチクラフトワークス」 11巻

ウィッチクラフトワークス(11) (アフタヌーンKC)

悪意が渦巻く火々里家。そこで出合った少女は、母親によって閉じ込められていた。事実を知った多華宮君は、義憤に駆られ行動を…。多華宮君と火々里さん、二人の出会いを描く過去編ついにクライマックス!

Amazon内容紹介より

素敵な高身長イケメン女性と可愛いケモミミ女性が大活躍するウィッチクラフトワークスも11巻ですね。自分はどちらかと言うとケモミミ女性派です。ウィッチクラフトワークスを読んでいる方だと、ケモミミ派閥の方が強そうな気がしますね。以前も書きましたが、ウィッチクラフトワークスに登場するケモミミの人たちだけが、日常を過ごすようなスピンオフがあったら喜んで読むと思います。


さて「ウィッチクラフトワークス」11巻です。それほどテンポの早くない漫画ではありますが、もう11巻か…という感は否めませんね。11巻でも相変わらず長身イケメン女性である火々里さんは端々でイケメンっぷりを発揮していましたが、過去編に入ってからというものの、現在では線の細い優しい男の子という雰囲気の多華宮君のイケメンっぷりが強調されています。現在でも時々見せる、芯の強さみたいなところは小さい頃から持っていたのですね。芯の強さを持ちつつも普段は心優しい雰囲気をまとった、こういう男性でありたいなと思いますが、よく考えてみたら多華宮君よりも圧倒的に年上でした。ツラい…。


またウィッチクラフトワークスのメインストーリーとは別の楽しみと言えばケモミミ女性たちの活躍だと思いますが、今回はその代表格であるタンポポちゃんがたくさん登場してくれました。KMM団としての登場は最後にほんの少しだけでしたが、タンポポちゃんと多華宮君の妹である霞ちゃんの組み合わせでのバタバタ劇は最近の定番になりつつある気がします。2.5等身タンポポちゃんは最高に可愛いので飼いたくなってしまいますね。
                    

そして、そのタンポポちゃんと対をなす霞ちゃんの壊れっぷりは圧倒的ですね。随分と長いことダメな領域に突入したまま帰ってきていない霞ちゃんではありますが、11巻では新たに領域を拡大した感があります。ヴィジュアル的には可愛いですけれども、この壊れっぷりにはさすがに付いていけそうにありません。不思議と常識的なタンポポちゃんとの組み合わせで何とか保っている状態ですからね。とても良いコンビと言えるかと思います。タンポポちゃんにとってはいい迷惑でしょうけれども。


ところで11巻で過去編が終わり、謎がいくつか解けてから現在へと戻ってきましたが、全体のクライマックスも近いのでしょうか。メインストーリーにおける火々里さんの暗い過去と重い宿命のようなものも明らかになり、むしろ現在は随分と朗らかになって良かったなあ、とか思っているのでこのまま日常回がダラダラと続くのもアリでは…とか思ってしまうのですが。重めでシリアスな話と気の抜けたキャラクターたちのバランスの良さは11巻でも相変わらず健在でした。


そんな訳で「ウィッチクラフトワークス」11巻はシリアスさと気の抜けた笑いのバランスが絶妙で、安定感のある面白さでした。個人的にはお話のクライマックスに近付いているのかな、と少し不安に思ってしまう部分もなくはないのですけれども。ウィッチクラフトワークスは表紙裏の絵も設定+舞台裏のまとめまで毎回たっぷりと楽しめて嬉しいですね。