読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フヒねむのブログ

ねむくて仕方がない日々の記録を残せたらいいな、と思っています

【読書感想】「ザリガニはなぜハサミをふるうのか」

ザリガニは子どもたちの人気者であるが、実験動物として生物学者の間でも人気が高い。ものの気配を感じとって大きなハサミをふり上げる格好は、子どもだけでなく大人にも面白いが、この定型化された振舞いがどうして起こるかは、やっと最近になって明らかに…

【読書感想】「動物の脳採集記―キリンの首をかつぐ話」

第1話 動物の脳の標本に出会うまで 第2話 脳の比較解剖学 第3話 アシカの脳 第4話 キリンの脳 第5話 子カバの脳 第6話 ゾウの脳 第7話 スピッツ「シロ」の脳 第8話 アカウミガメの卵 第9話 イルカの脳 第10話 脳から見た世界Amazon 目次より これまたタイト…

【読書感想】「逃げる百姓、追う大名」

江戸時代初期、よりよい生活を求めて、生まれた村を離れた農民たちがいた。大名たちは大事な年貢を生み出す耕作者をより多く手元に置こうと、他領から来た者は優遇し、去っていった者は他領主と交渉して取り戻すべく躍起になった。藩主と隠居した先代とが藩…

【読書感想】「パプアニューギニアの食生活」

野ブタ、火喰い鳥、魚介類の狩猟と採集。サゴヤシの利用。イモ類の栽培。多様な環境に適応した食体系をもつパプアニューギニアに、近代化の波と共に加工食品が流入してくる。新奇な食物と栄養摂取で、“余裕なき平衡”を保っていた人々の生活、体格、疾病はど…

【読書感想】「魚はエロい」

どうしてこんなにエロいのか? 海のエロしぐさに迫る集団でいちゃいちゃするゴンズイ、まったり求愛するウツボ、 生殖器を「2本」持ち嚙み付き交尾を行うサメ、口の中で子育てをするテンジクダイ、 カワハギのイってしまう産卵、性転換するクマノミ…… こうし…

【読書感想】「お菓子でたどるフランス史」

世界一の国になるには、素敵なお菓子が欠かせない!と考え、その甘い武器を磨いてきた国、フランス。ジャンヌ・ダルクやマリー・アントワネットが食べたのはどんなお菓子? 歴史を変えた伝説のパティシエとは? あの文豪もスイーツ男子だった? お菓子の由来も盛…

【読書感想】「古代中国の刑罰」

洛陽南郊にある後漢時代の墓坑から出土した労役刑徒たちの多数の髑髏、埋葬者の履歴・刑名を刻んだ磚。西安郊外にある前漢景帝の陽陵付近から出土した刑具をつけた白骨遺体。湖北雲夢県睡虎地出土の秦代官吏の遺骨とおびただして竹簡。本書はこれらを地下か…

【読書感想】「ハトはなぜ首を振って歩くのか」

気がつけばハトはいつでもどこでも、首を振って歩いている。あの動きは何なのか。なぜ、一歩に一回なのか。なぜ、ハトは振るのにカモは振らないのか……?冗談のようで奥が深い首振りの謎に徹底的に迫る、世界初の首振り本。おなじみの鳥たちのほか、同じ二足歩…

【読書感想】「うれし、たのし、ウミウシ。」

海の宝石と称され、その華麗な色や形態からダイバーたちに大人気の海洋生物ウミウシ。しかし美しい姿とは裏腹にヒトが想像もつかないような驚くべき繁殖戦略をおこなっている! ウミウシをはじめ、奇想天外なあの手この手を駆使してたくましく生きる海の生き…