読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フヒねむのブログ

ねむくて仕方がない日々の記録を残せたらいいな、と思っています

【漫画感想】「EX-ARM エクスアーム」 7巻

EX-ARM エクスアーム 7 (ヤングジャンプコミックス)

「EX-ARMオークション」に潜入するため、政治結社・仁國社の警護役となったアキラ達EX-ARM対策課。オークショニアから、出品はかつて東京を破壊した「No.11」を含む3つのEX-ARM、入札の権利は3人までと発表され、オークションは組織同士の潰し合いと化す。美波が保持者ダリオとのギャンブル勝負で勝利したことで、仁國社は伊マフィア・ファルコーネ一家と手を組む事に成功。だが、ダリオの前に刺客が現れ…!?

Amazon内容紹介より

6巻では冨樫義博氏が帯にコメントをしていましたが、7巻では「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の監督である長井龍雪氏でした。自分は鉄血のオルフェンズを観ていないのですが「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の監督でもあるので馴染みがありましたし、EX-ARMの帯では、やはりなかなかの大物が登場する率が高い気がします。変な話ではありますけれども、今から8巻の帯が楽しみですね。


さて「EX-ARM」7巻です。元々、サービスカット多めの漫画ではあると思いますけれども、6巻の海水浴に引き続き7巻ではプールシーンやオイル塗りなど、なかなかに豊富です。きっと今後もサービスをしてくれるのでしょうけれども、これに関して触れるのは7巻を最後にしておきましょう*1。ちなみに表紙ではアルマさんが和装みたいな感じでしたから、中身でも…と思ったのですけれども、いくつかのキレイな格好はしていますが、和装はありませんでした。残念。その代わり美波さんが和装での見事なハイキックを披露してくれています。

また6巻はアルマさんの出番が少なくて美波さん大活躍という巻でしたが、7巻は逆に美波さんの出番が少なくてアルマさん大活躍という巻でした。「EX-VITA」の頃のバディ感が大好きだった自分としては個々に活躍するよりも一緒に活躍して欲しいな、と思ってしまうので少し残念なのですが、きっとお話がもっと盛り上がってくれば2人同時に活躍してくれると信じています。ちなみに7巻ではウィンター財団にいた雷が嫌いなチョコさんが名前の通りに可愛かったです。記憶にないのですけれども、チョコさん初出でしたかね…。さすがにあれだけしか登場しないキャラクターに名前を付けないとは思うのですけれども、どうなのでしょう。


ところで内容としてはせっかく頑張って組んだダリオさんが完全に退場はしていなそうではあるものの、それほど戦力にはならなそうな点とか、完全に人間なのにもかかわらず、異常な強さのアル・ジャードさんとかは気になりました。現状では、主人公たちが警護している仁國社と提携したマフィア・ファルコーネ一家がビックリするほどに意味がなかったので、美波さんが6巻で何のためにあんなに頑張ったのか…と悲しくなってしまいます。ダリオさんにはきっとどこかで再戦のチャンスがあるのだとは思いますけれどもね。そして、アル・ジャードさん…少し強すぎでは。力ではない強さ、みたいなものは自分も好きですが、EX-ARMという力以外の言ってみれば超能力を含めても生身のアル・ジャードさんが一番強そうで困ります。

そして主人公のアキラ君…。やはりイマイチ立ち位置がよくわかりません。最初からずっと蜘蛛型ロボットみたいな物に入っていればまだ何とか…というところはありますけどね。どうせならタチコマみたいな多脚戦車に入っていれば良かったですのに…。そして問題になるのは、アキラ君が7巻の最後で会った人物ですね。雪の山小屋というのが、何か大事なポイントになってきたりするのかもしれません。8巻は「も、もしかして兄ちゃん!?」みたいな展開から始まったりするのでしょうかね*2。気になります。


そんな訳で「EX-ARM」7巻は物語が本格的に動き出した感じのある巻になりました。8巻は大きく転換しそうな予感がしますね。帯も含めて、楽しみです。

*1:もう何回も繰り返して書いてしまっていますからね…

*2:さすがにないと思いますけれども…