読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フヒねむのブログ

ねむくて仕方がない日々の記録を残せたらいいな、と思っています

【漫画感想】「ゴールデンカムイ」 5巻

ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックス)

息を吐くように殺す!! 脱獄死刑囚にして殺人鬼・辺見が見初めたのは…不死身と呼ばれた元軍人・杉元。彼を殺りたい。殺られたい。辺見の歪んだ殺意と愛情が杉元一行に降り注ぐ…。そして、土方歳三の暗躍、第七師団内部の抗争!! 急転! 二転三転四転五転!! 試される大地・北海道で金塊を求め激突する正義と大義の第5巻ッ!!!!!!

Amazon内容紹介より

超絶変態『辺見和雄』とハートフル変態『谷垣源次郎』の回でした。辺見さんのそのあまりの変態っぷりに、元々この漫画で私は主としては味わっていないメインストーリーの内容が、少ししか頭に入ってきませんでしたね*1。それにしても、おまけ漫画と本編から受ける印象がほとんど同じという…5巻になって私の中でメインストーリーの重要性がガクッと落ちた気がします。全体を見れば、まだバランスは保たれていると思いますが、若干危うい感じがするのは私だけでしょうか。

メインキャラクターの不死身の杉本さん、アシリパさん、脱獄王・白石さんの3名がわりとギャグとアイヌ食レポに走りがちな中で、土方歳三さんだけはなかなか渋い役割をしっかりと務め上げてくれている気がしますが、アイヌのおばあちゃんや子どもとのハートフルエピソードが満載で、この巻の表紙を飾った谷垣さんでさえ、人を撃った後に「勃起!!」と一言ですからね。どちらかと言うと変態だらけのこの漫画の今後が心配にはなります。

ただ、このくらい変態とグルメレポが詰まっていないと、読んでいるのがツラくなるくらいに殺されっぷりが残虐なのは事実なのですよね。辺見さんにしても、巻末のおまけ漫画に再登場するものの、死んでしまった後はかなりアッサリと皮の状態ですから。そう考えると、やはり良いバランスだと思えてきてしまったり…。何はともあれ、6巻以降もこの絶妙なバランスが保たれていることを祈ります。


ところで4巻では随分と畳み掛けていた、白石さんの「絶対に頭を噛まれるなよ?」からの「ガブー!」という流れは5巻にはありませんでしたね。頭を噛まれている白石さんが可愛かったので、結構好きだったんですけれども。まあ、その代わりに頭ではない所を噛まれる、というか飲み込まれかけていましたが…。身体を張ったギャグにしても、今後のストーリー展開にしても白石さんからは特に目が離せません。次巻以降に網走監獄へ忍び込むようなので、脱獄王・白石さんの活躍が今から楽しみです。


さて、5巻での北海道グルメはニシン、シャチ、子持ち昆布、イトウと魚介類尽くしでしたね。シャチは食べていたものの、捕っていたクジラを食べるシーンは出てきませんでした。今回もどれも美味しそうで堪りません。特にシャチの竜田揚げと子持ち昆布の串揚げは食べてみたいです。シャチを日常的に食べることが出来ない、というのは仕方がないにしても、この時代*2には大量に獲れていたニシンが今ではあまり獲れない魚になってしまっている、というのは悲しいとしか言いようがありません。Wikipediaのニシンの項目には以下のようなことが書いてありました。

激減以降、減少した漁獲を増加させるために人工孵化や稚魚放流も行われているが、2002年から2011年間の10年間のニシンの平均水揚げ数量は4千tに留まり、根本的な解決に至っていない。それにもかかわらず、日本の魚介類の漁獲枠対象魚種には未だリストアップされていない。

相変わらずの日本の漁業、という感じが満載ですね。

そんな訳で2016年の正月も近付きつつある今日この頃ですが、正月料理で数の子を食べた際にはニシンの未来とゴールデンカムイの今後が明るいことを祈ろうと思います*3*4

*1:正直、今何をしているのか、あまりよく覚えていません…

*2:日露戦争後

*3:明暗にかなりの差がありそうではありますが…

*4:ここまで書いておいて、食べてしまうであろうところに日本人としての業みたいなものを感じてしまいます