フヒねむのブログ

ねむくて仕方がない日々の記録を残せたらいいな、と思っています

【読書感想】「ドキュメント 女子割礼」

ドキュメント 女子割礼 (集英社新書)

女子割礼/女子性器切除という風習がある。アフリカ大陸を中心に、成人に達したあかしとして女性外性器の一部またはほとんどを切除したり縫合するものだ。この風習が根づいている国々ではじつに90%以上の女性が割礼を受けている。割礼の際の激しい苦痛はもちろん、感染症、切除後の癒着などによる多くの障害の発生、結婚や出産時のさらなる苦痛と危険など、女性の一生に暗い影をおとし国際的にも批判の多いこの風習だが、なぜ今も残っているのだろうか。気鋭のフォトジャーナリストである著者は、エジプト、シエラレオネ、ジブチなど6か国を3回にわたって取材。割礼を受けた人たち、廃絶運動に携わる人、また推進派などにインタビューを重ね、その実態を探ってきた。これはその貴重な記録である。

Amazon 内容紹介より

存在は知っていても、詳細どころか概要すらほとんど知らない、というものは多いですが、本書のタイトルにもなっている「女子割礼」というものも存在は知っていましたけれども、どういうものなのか、ほとんど知りませんでした。そもそも「割礼」自体が馴染みのないものですしね。そんな訳で本書のタイトルを見た時に興味を持って買い、随分と長いこと積んでいたのですが、とうとう読むことにしました。読むことにしたキッカケは特にありません。


さて「ドキュメント 女子割礼」です。まず前提として本書の初版は2003年です。その時点で2017年からは約15年前ですし、取材先であるアフリカ各地での情報は、当然ですがそれ以前のもので約20年前後が経っています。ですので、2017年の現状と本書の内容とでは大きく違いがある可能性はあります。もちろん、変化していない可能性もありますが…。ただ国連10機関による共同声明のpdfが2010年のものであり、またUNICEFによる報告書が2016年のものであることを考えると、問題とすれば「過去のもの」と言える現状でないのは間違いなさそうです。

自分は本書を読み終わってから上記国連10機関による共同声明のpdfを読みましたが、そちらを読むと本書に書かれていた問題点は理解出来るかと思います。またWikipediaの女性器切除の項でも概要はわかるでしょう。興味がある方は国連10機関による共同声明のpdfを読むことをオススメします。本書はそのpdfに緊迫感や切迫感のような、熱量を付け加えたもののように感じられます。本書のような広く知れ渡っている訳ではない*1、改善されるべき事柄を扱う際には、こういった熱量というものが重要であることは確かでしょう。

そういった緊迫感や切迫感のある熱量を持った文章でしたので、本書を読んでいる際に感じていたのは主に「痛い、ツラい…」でした。どう考えても痛いだろうな、と思える描写の連続なので何度か心が折れかけました。特にタイプ3と呼ばれる「陰部封鎖」に関しては、読んでいてゲンナリせざるを得ませんでしたね。ただ、そう思えるのも自分が今いる社会に属しているからであって、当地の社会に属していたらどうであったか、と考えると自分の周囲にある慣習とされている様々なものたちに対して思いを馳せずにはいられませんでした。もちろん、現代日本において人の身体に直接的なダメージを及ぼすような慣習はそれほど多くはないでしょうけれども、皆無かと言うと、そうは言い切れないですからね。


ところで一番身体へのダメージが深刻なタイプ3から比較的ダメージが軽微なタイプ1,2への移行を本書でも、当地の活動でも否定しているようでしたし、それ自体は自分もその通りだと思うのですけれども*2、「代替通過儀礼」として「言葉による割礼」を推進している地域があり、それに対して本書では好意的な見方をしていましたが、個人的には疑問でした。確かによりよいものであることは間違いないと思いますけれども、そもそも対象が女性だけ、という部分でも納得出来ませんし、その結果は著者自身が本書の中で経験している通りです*3。かと言って、ではそのままで良いのかと言えば、そうとは言えませんし、緊急回避的な部分と根本的解決の両方を併せていかなければならない問題の難しいところだろうな、と感じます。


そんな訳で「ドキュメント 女子割礼」は読むのに少し精神的な体力がいる読書になりました。自分の属している社会とは相容れない慣習を知ることで、自分の属している社会の普段は気にしていない慣習に対して思いを巡らすことの出来るいい機会になりましたね。

*1:と個人的には思っています…

*2:根本的な解決が遅くなる可能性が高くなるから

*3:著者は代替通過儀礼を行っている地域の男性から、代替通過儀礼を行っている女性を受け入れていない旨を告げられます

【漫画感想】「メイドインアビス」 6巻

メイドインアビス 6 (バンブーコミックス)

大穴『アビス』の底を目指し、探窟を続けるリコとレグ、そしてナナチ。壮絶な戦いの末、宿敵ボンドルド討伐に成功する――。
白笛に身を変えた“プルシュカ"を手にし、『絶界の祭壇』に到達したリコ一行。二度と帰ってはこられないという『絶界行(ラストダイブ)』の末、ついに六層に辿り着く――。しかし、そんな彼女たちの前に出現したのは、独特の価値観を持つ“成れ果て"たちの棲む村であった――。
理性と本能が入り混じる大冒険活劇、第六巻‼

Amazon 内容紹介より

2017年の夏アニメとして現在アニメも放送中で絶好調のメイドインアビスも6巻です。自分はまだアニメを観ることが出来ていないのですけれども、ちらほらと聞こえてくる話を総合すると原作ファンも大満足のようですね*1。大好きな漫画なので、自分もいつかはアニメを観たいな、と思っているのですが、いつになることやら…。


さて「メイドインアビス」6巻です。アニメでアビスに向かって出発するリコとレグを観てほんわかしている方々が、今後の展開でどういう反応をしてくれるのか楽しみのような不安のような心持ちです。漫画の何巻までを今期アニメ化するのかはわかりませんけれども、今回発売された6巻までは間違いなく含まれないでしょう。アニメからメイドインアビスに触れた方にはアニメ終了後にでも6巻まで原作である漫画を楽しんで欲しいな、と心から思います。


ちなみに6巻では主人公リコは最初から最後まで「う○こ」して終わります。そりゃあ、こんな顔にもなるってもんです。ボンドルドさんが実際に見ていたかどうかも気になるところですね*2
f:id:fuhinemu:20170801140240j:plain

リコはう○こしているだけでしたが、お話は新しい展開を見せてくれました。ラストダイブをはたしたリコ一行は、今まで以上に情報のない訳のわからない世界にたどり着きます。そこでは大事な可愛いマスコットキャラクターであるメイニャが突然、悲惨な目にあったりしますけれども、比較的整った価値観の下で社会運営されているみたいですので、ボンドルドさんと対峙した時のような度し難さはありませんでしたね。まあ、その社会自体をボンドルドさんが作っていたみたいではありますけれども…。そんな奇妙な社会の中でも、リコがバイタリティの高さを見せ付けてくれています。最終的にはう○こしているだけでしたが。


それにしても相手の体毛をムシって小動物のお尻に入れて縫い付けるとか、かなりレベルの高い敵対の意思表示な感じがしますね。相手の移動先に小動物の死骸を置く、みたいな敵対の意思表示はありそうな気がしますけど、それよりも一段上な印象です。さすがにこれを歓迎の意思表示でした、とかは言わないと思いますけれども、新登場ファプタの仕業だったのでしょうかね。対レグで見せた力量的にはファプタであれば、もっと直接的に行動しても良さそうな感じがしてしまいましたが…。レグとの関係も含めて謎の多いファプタにも大注目せずにはいられません。


また初期から登場していた「お祈りガイコツ」ですが、ここにきて世界のバックグラウンドとしてだけの存在ではなく、アビスの謎に深く関わっていそうな感じがしてきましたね。アビスの最深部を目指すことでアビスの謎に迫っていくリコ一行と、リコとレグの出発時から体調を崩していたキユイの状況から不動卿オーゼンを訪ねた孤児院のリーダーであるジルオ、そしてボンドルドが目標としていたらしい「“次の2000年”がどうとか…」を合わせると2000年周期というのがアビスの1つの大きな仕組みのようです。そして、今がちょうどそのタイミングであるらしいと。恐らくは白笛の面々は、その事実を知っているのでしょうけれども、各人で対応が違うということなのでしょうか。もしかしたら、そのうちにボンドルドさんの目指そうとしていたところに納得してしまう未来があるのかもしれません。


ところで現在、Amazonさんではメイドインアビスのkindle版が全巻半額で購入できます*3。新巻である6巻まで半額なの!?と衝撃を受けたのですが、お金に困っていない方にはぜひ紙の本も買って欲しいな、と思います。ただ以前であればkindle版にはカバー下が含まれていなかったのですが、今はちゃんと含まれているのですよね…。紙派としては、もう紙の手触りとか匂いとかをオススメするしか方法がないのがツラいところです。ちなみに6巻のカバー下では、メイドインアビスに欠かせない「リコ爆弾」の背景が語られていて、「それは大きくしたくなるよね…」とかしみじみしてしまいました。裏表紙のカバー下にある「不覚…」も含めて必見ですよ。


そんな訳で「メイドインアビス」6巻は新しい展開が始まり、久しぶりにツラい描写がほとんどない巻になりました*4。メイドインアビスですから、このままでは済まないとは思いますが…。謎の双子の存在も気になるところです。メナエはいつか登場するのでしょうか。ハディマエ、気になるところは尽きませんが、7巻を楽しみに待つことにしましょう。

*1:4話までの段階の話として、ではありますけれども…

*2:ボンドルドさんが見ることが出来たシーンは下のコマではありませんけれども

*3:このセールは終了したようです

*4:「まあああ」の人(?)が人型だったら相当ツラかったのかも知れませんけれども…

【漫画感想】「レディ&オールドマン」 3巻

レディ&オールドマン 3 (ヤングジャンプコミックス)

知りたがりで度胸満点の娘・シェリーと、100年の刑を終えて出所した“不老不死"の男・ロブ。
二人は、“レディ&オールドマン"の通り名で「運び屋」の仕事をしながら、ロブの体の謎を知る双子の弟を捜し始める。
風変わりな男ナットとの共同生活、“レディ"の正体に興味津々な便利屋、ロブを追う警察の影、そして二人を襲う危険──。

Amazon内容紹介より

1,2巻の表紙は主人公であるレディ&オールドマンのシェリーとロブ、2人でのショットでしたが、3巻にはここにナットが加わりました。お話でのナットの重要度の高さが伺えます。ナットの「静かすぎないかい?」のコマは本当にカッコ良かったですね。1,2巻の感想でも何回か書いていますけれども、渋い映画の1シーンみたいです。映画好きの人はきっと好きになる漫画だと思いますね。


さて「レディ&オールドマン」3巻です。「レディ&オールドマン」のお話は1963年の出来事ということですが、3巻ではレコード店の女性がザ・ビートルズを知りませんでした。64年になればアメリカでも爆発的な大人気となっていたはずなので、このお話は63年も真ん中頃なのかもしれませんね。ナットの持つレコードジャケットは『プリーズ・プリーズ・ミー』の物でしたので、少なくとも夏以降のことなのでしょう。このアルバムをナットは少なくとも3周連続で聴いていますが、ナットがどこまでビートルズのことを知っていたのか、気になるところです。プリーズ・プリーズ・ミーは1stアルバムですから、そのことを知っていれば、本来は「ビートルズのレコードを探してきて」と言うことはないはずなのですよね。知っていて、あえてシェリーとロブの時間を潰させるために探させた、と考えるのが自然でしょう。頭の切れるナットがこれからどう2人に関わっていくのか、楽しみです。


また3巻では衝撃的なラストが待っていました。もちろん、設定的にいつかは訪れるシーンであることは想定されていましたが、思ったよりも早かったですね。物語の序盤がここで終わるシーンでしょうか。一気にお話が展開していきそうな予感がしますね。先日、完結巻の発売された「白暮のクロニクル」のオキナガと呼ばれる半不老不死の人たちの傷の痛みや生の切なさ、みたいなところをつい比較しながら読んでしまいそうになります。行動の自由度はロブの方が高そうですが、謎の解明度合いと数の多さはオキナガに軍配が上がりそうですね。この衝撃的な3巻でのラストシーンの後がどうなるのか、4巻が早くも待ちきれません。


それにしても「レディ&オールドマン」に出てくる人物は今のところ敵役と思えるキャラクターも含めて*1、とてもカッコ良いですね。今回は白黒スーツ・コンビのよく喋る白い方が悪者なりのルールを見せてくれました。よく見るタイプのルールではありますけれども、やはりそれでもカッコ良いです。黒い方は常に寡黙で立っているだけでカッコ良いですしね。シェリーの父親や、ロブを追う刑事など、登場するキャラクターがいちいちカッコ良くて参ります。ミッチのような少しお人好しに見えるキャラクターも好きなので、もっと登場して欲しいな、とか贅沢にも思ってしまいますね。


ところで3巻ではロブが食べる甘い食べ物は特に登場しませんでしたね。あえて挙げるとすれば「カウボーイ」という名前のカクテルでしょうか。バーボンを牛乳で割ったカクテルとのことみたいですので、あまり甘くはなさそうですけれども*2、飲んだことがないのでよくわかりません。きっとカルーアミルクみたいな感じなのでしょうね。…やっぱり甘いかもしれません。ちなみにカクテルで使う細長いグラスのことをChimneyと呼ぶことを始めて知りました。勉強になるなあ。


そんな訳で「レディ&オールドマン」3巻は相変わらず、カッコ良い映画を観ているかの気分に浸れる漫画でした。雰囲気で読めるので気軽にも読めますし、サスペンス部分をしっかりと読むこともできそうなので、今後の展開も楽しみです。

プリーズ・プリーズ・ミー

プリーズ・プリーズ・ミー

*1:むしろ敵役の方が

*2:漫画の中では「ウィスキーとカカオクリームをたっぷりのクリームで」とレシピに書かれていたので、やはり甘いのかもしれません