読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フヒねむのブログ

ねむくて仕方がない日々の記録を残せたらいいな、と思っています

【読書感想】「感染症は世界史を動かす」

感染症は世界史を動かす (ちくま新書)

微小な細菌やウイルスなどの病原体が、そのときの政治や社会に与えた影響について、私たちの認識はどこかあやふやである。たとえば中世ヨーロッパに壊滅的な打撃を与えたペストについても、なぜ始まり、どのように終わったかについて、はっきりした結論が得られているわけではない。では、人類はその見えない恐怖にどう対処して来たのだろうか。そして、目の前の最大の脅威=新型インフルエンザとは何か。ハンセン病、ペスト、梅毒、結核、スペインかぜなど、人類史を大きく動かした感染症の歴史から、新型インフルエンザの脅威とその対策を考える。

Amazon内容紹介より

世界史を変えた薬」を読んだあとに積み本を眺めてみると、本書が目に留まったので読んでみました。薬が世界史を変えたのであれば、感染症だって世界を動かしたり変えたりしているのは間違いないですよね。薬の歴史の浅さを考えると感染症の方がより古くから人間の歴史を動かしてきたと言っていいかもなあ、と、そんなことを考えながら読みました。ちなみに、この本もきっとタイトルで選んで積んでいたに違いありません。かなり長いこと積んであったようです。


さて「感染症は世界史を動かす」です。「世界史を変えた薬」に比べるとわりと世界史を教科書的にさらってくれます。そこが丁寧に感じる方もいるかもしれませんが、個人的には少し冗長に感じてしまいました。もう少し感染症の発生と伝播そして収束に絞って、その世界史的な意味を書いてあれば十分だったのに、とは思いましたね。もちろん、このくらい丁寧に書かれていた方が好みだ、という方もいらっしゃるかもしれませんが…。また文章は決して難しく書かれている訳ではないのにもかかわらず、若干読みにくいです。これは著者の問題というよりは編集の問題のような気がしますけれどもね。


「世界史を変えた薬」を読んで他の本でも読みたいと思っていた梅毒については本書では第3章で扱われていますが、その流行の拡大の仕方は見事としか言いようがありません*1。梅毒の起源がどこかは確実なことはわからないようではありますけれども、コロンブスの航海から4半世紀のうちに日本までたどり着くというそのスピード感。15,6世紀という時代、交通手段も限られた中で、それでも人々の交流が世界規模で行われていた証拠でもありますよね。本書で語られている通り、交流の仕方は平和的な方法でないことも多いので、そのことによってより早く梅毒が拡大したのかもしれません。また何人かの文化人が梅毒であったことも書かれていますが、結核などに比べると少ないように思えるのはやはりその病気のイメージによるものでしょうかね。自分には梅毒よりも結核が良い、という感覚はよくわからないものなのですが…。


ところで「世界史を変えた薬」を読んで思いましたけれども本書を読んでも、当然のことではありますが人類と病との戦いはまだまだ終わりがなさそうだな、と改めて思いました。本書の6,7章では新型インフルエンザについての記述に大きな割合を割かれていて、約10年前の書籍ではあるものの専門家による警鐘には重みがあります*2。毎年、冬になると鳥インフルエンザのニュースが流れますが、本書にも書かれている鳥インフルエンザの重大性はそれなりに理解しているつもりでも、ニュースをみる時にはボンヤリと殺処分される鳥たちが可哀想だなあ…という気持ちが先行してしまったりするのもいい加減改めなければな、と思いますね。

ただ、感染症と世界史に関しての本とすれば、6,7章の新型インフルエンザについての文量は少し多すぎる気がしました。著者の立場上、この部分が一番語りたいところであったようではありますが、もう少しバランスには気を付けて欲しかったかな、というのが正直なところです。


そんな訳で「感染症は世界史を動かす」は全体とすれば若干の読みにくさを感じる本ではありました。丁寧に歴史を記述してあるがゆえに読みにくくなってしまう、というのはもったいないので、もう少し何とかして欲しかったところです。繰り返しになりますが、これは著者の責任とは言えないと思います。ちなみに「世界史を変えた薬」も読むのであれば、順番的には本書を先に読むことをオススメしますよ。本書が感染症の収束部分についての記述が若干弱いので「世界史を変えた薬」はちょうど補完してくれる本になるかと思います。

*1:本書で扱われている感染症の拡大の仕方はどれもが見事ですけれども

*2:警鐘のならし方=書き方には少し疑問がなくはないですが…

【読書感想】「世界史を変えた薬」

世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

医薬品というものは、どうにも不思議な代物だ。老若男女を問わず、誰もが薬のお世話になっているにもかかわらず、薬について詳しいことはほとんど何も知られていないに等しい。口から飲み込んだ小さな錠剤が、どのようにして患部に届いて痛みや炎症を鎮めるのか、簡単にでも説明できる人は相当に少ないだろう。

近年は、医薬品の過剰投与や副作用などネガティブな側面ばかりが強調されがちだが、人類は医薬品の発明によってその寿命を飛躍的に伸ばしていた。「死の病」と恐れてきた感染症は、抗生物質の発明により、ありふれた病気になった。あまり意識されないが、いくつかの医薬品は間違いなく、世界史を変え、人類の運命を変えてきた。

医薬の科学はなおも発展の途上にあり、今後さらに大きく社会を変えてゆく可能性を秘めている――というより、確実に変えてゆくことだろう。とすれば、医薬と人類の関わりを、歴史の流れに沿って眺めておくのは、意義のある試みであるに違いない。

Amazon内容紹介より

もうタイトルにひかれてしまいますよね。「世界史を変えた○○」というタイトルにしただけで読みたい気持ちは3割増しくらいにはなる気がします。そのタイトルのキャッチーさそのままに読みやすい文章でスラスラと読めました。取り上げられている薬も「ビタミンC」のような薬として認識していないものから「アスピリン」などまで、大抵の方がそれらの薬を使ったことがあったり聞いたことがあったりするものばかりで、身近な物だからこその興味がわきました。


さて「世界史を変えた薬」ですが、世界史的な出来事のいくつかを「薬」という切り口で語っていく、タイトルの通りの内容です。目次に並ぶ各章で取り上げられる薬は、ビタミンC・キニーネ・モルヒネ・麻酔薬・消毒薬・サルバルサン・サルファ剤・ペニシリン・アスピリン・エイズ治療薬となっています。各章15ページ前後で構成されていて、サラサラと読めます。ですから、薬について、もしくは歴史について深く、より正確に理解したい、という方が選んで読む本にはならないかとは思いますが、薬について、もしくは歴史について興味をもつ読書には十分になると思います。上でも書きましたが、文体は平易ですから読みやすいですしね。

また著者が注意書きしてあるものもありますけれども、特に古い時代のものについては逸話的な内容もありますし、そして現代のお話になってくると語られている人物の視点によってくるところもあるので、書かれている内容をすべて正確なものとして摂取するのは控えておいた方が良さそうです。ただ、それを差し引いたとしてもお話としてかなり面白く、それぞれのお話について詳細に書かれている類書を読んでみたくなるような興味をひいてくれる本であることは間違いありませんでした。自分は特にサルバルサン、病気としては梅毒について世界史的な視点で書かれた類書を読んでみたくなりましたね。梅毒の世界を駆け巡るそのダイナミックさとスピード感、当時の人間の平均的な移動距離や移動速度を考えると驚異的ですもの…。


それにしても自分は消毒薬やアスピリンなどは当然として麻酔薬も手術を受けるために全身麻酔を使っていることを考えると、本書で語られているような医学・薬学の進歩がなければきっと既に生きていないだろうなあ、とか思ってしまうのです。生まれつき、病気未満と言って良い程度の疾患を持っているので現代でなければ確実に平均寿命を縮める側の存在だったに違いありません。本書に登場する各種の薬を開発した中心となる人々を始め、先人たちの知恵と努力と犠牲の結晶として自分はまだ生きていられるのだなあ、とか考えるともっと謙虚に生きていかねば、とか思ってしまいますよね。


ところで本書の後半には薬の過剰投与についても少し書かれていましたが、今後現代から理解できそうな程度の未来の話として一番問題になりそうな部分だと思います。もちろん、各種病気に対する新薬自体もたくさんあるとは思いますが、世界史を変えるレベルの薬になると個別の病気に対抗する薬というよりは直接的に長寿を達成させるための薬とかになってきそうですし、それは少し先の話なのかな、とも思いますからね。それよりは本書にも書かれている食品となる動物への薬の過剰投与や、人体から排出された薬剤成分の河川・海洋汚染などによる悪影響の方が大きな問題になりそうな気がするのですよね。これも本書に書かれていましたが、薬の評価というのはある程度の時間が経たないと難しい、というのはその通りだろうなと思っていて、さすがに薬のすべてを合わせたら人類にとってトータルとしてマイナスということはないと思いますけれども、将来的に大きな負の遺産が知らぬ間に押し寄せてくることもあるのかな、とは思いました。


そんな訳で「世界史を変えた薬」はそのタイトルの通り、薬と世界史に対しての興味を引き起こしてくれる読書となりました。どちらかと言うとあまり細かいところを考えずに興味先行で読むべき本だと思います。更に突っ込んで読みたい時は類書をあたる方が良いでしょう。そういう意味では巻末にでも各章で取り上げた薬や病気についての本・参考文献などのリストは欲しかったですね。個人的には次に読みたい本が広がっていく面白い本でした。

【読書感想】「かわいい夫」

かわいい夫

日々の暮らし。父との死別。流産。ふたたびの妊娠。
さまざまな出来事をとおして、 浮かび上がってくる、あたらしい結婚の形。
変化していく、作家のこころ。
毎日、少しずつ読みたくなる、結婚エッセイ集。
装画、みつはしちかこ。
本書には、西日本新聞に連載されていたエッセイが44本、書き下ろしエッセイが48本収録されています。

Amazon内容紹介より

山崎ナオコーラ氏の本といえば「人のセックスを笑うな」を映画経由で読んだのが最初で最後でした。きっとそういう方が少なくないのでは、と思います。「人のセックスを笑うな」は原作本に関しても映画に関しても、かなり良い印象を持っていたので、そのまま次の著作も読むのが自然だったようにも思いますが、なぜか読まないままになっていましたね。ちなみに本書はプレゼントのご相伴にあずかった形での読書でした*1


さて「かわいい夫」ですが、本書のタイトルが本のタイトルとして成り立つということは、それだけ「かわいい」という言葉と「夫」という言葉が結び付きにくい、ということなのでしょう。一般的に結婚する「夫」となる男性に求められる形容としては「かわいい」よりも「頼もしい」ですよね。「頼もしい」存在とは対極の位置にいるような自分でも、結婚する相手側の立場に立てば「かわいい」人間であるよりは「頼もしい」人間であって欲しいな、と思ってしまいますけれども、本書を読むと著者がどういう想いで「かわいい夫」との生活を選んだのか、ということがよくわかります。


また本書には序盤に「勝ち負け」というエッセイが収められています。このエッセイには抽象的な魅力では「夫」が圧倒的に良いが、具体的な部分では「夫」に何一つ負けるところがない、と書かれています。自分には、これに類することを言われた経験があるので、胸が少しチクチクしました。同時にそれを自分に対して言った相手は、著者と同じように家事力や経済力のような具体的に負けていないところを自分に求めていない、というようなことも言っていたので、こういう考え方をする人も世の中には少なからずいるのだなあ、と思いましたね。果たしてどれくらいこのような考え方をする方がいるのかはわかりませんけれども…。

こういう方たちがいるのは、頼もしさからは程遠いところにいる自分にとっては、ありがたいというような気持ちになるような、反面情けない気持ちになるような…。著者の「夫」がそういう立場にいることを引け目に感じていないようであることに比べると、自分はそこまでの境地にまでは至れておらず、中途半端な状態なのだろうなあ、とか思ってみたり。自分の置かれている状況が、この「夫」と似ているからこそ感じる自分の情けなさ、みたいなものを痛感してしまいました。


全体とすれば本書は著者の視点を淡々と切り取って書かれているのでとても読みやすく、煽るところがないのでとても心地の良い読書となりました。著者のような結婚の形を望む人が増えてくれる必要はないとは思いますけれども、このような形を含めて様々な関係の結び方を否定したり非難したり、疑問を呈したりする人が少しでも減ってくれれば多くの人にとって住みやすい世の中になるのではないかなあ、と思って読みました。もちろんそれは、本書に登場する「夫」と似ているようにも感じられる自分ですらも自分自身に疑問を感じてしまっているということに対する自戒の念も込めての話ですけれども。


そんな訳で「かわいい夫」は自分に似ているように感じる「夫」について書かれているだけに身につまされる内容でした。しかしそれは不快感を伴ったものではなく、むしろ日々の生活に寄り添ってくれる内容でしたので、著者が遭遇して本書に書かれているようなライフイベントに際しても再読していきたい本となりました。夫婦関係について考えることが多い方には特にオススメです。

*1:御相伴の読みは「おしょうばん」が一般的なのですね。自分はずっと「ごしょうばん」で読み聞きしていました