読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フヒねむのブログ

ねむくて仕方がない日々の記録を残せたらいいな、と思っています

【漫画感想】「リュウマのガゴウ」 10巻(完結)

漫画 漫画-リュウマのガゴウ 漫画-宮下裕樹

リュウマのガゴウ 10巻 (ヤングキングコミックス)

白皮と呼ばれる化け物に人々は怯えながら暮らす中、唯一の希望となる英雄達は「リュウマ」という名を継いでいた。
新種の白皮が人類を襲う中、まだ争い続ける神州倭とミズガルズ。
人と白皮の間に生まれたリュウマは最後の決断を下す。
英雄達のストーリー遂に完結!!!

Amazon 内容紹介より

完結してしまいました「リュウマのガゴウ」10巻です。終わってしまったなあ…という感想が一番です。お話全体に関しては9巻の54話冒頭にあった作者氏本人によるぼやき半分のようなあらすじに書いてあったことがすべてなのではないかなあ、と思いました。ポイントポイントではとてもカッコ良く、面白かったと思います。そして完結してから全巻を読み返してみると、最後の駆け足感は否めませんでしたが、やはりかなり面白かったです。ただし、それはまとめて読まないとなかなか伝わるのが難しい面白さだったかなあ、と思ってしまうのも事実ですね。


さて「リュウマのガゴウ」の完結10巻です。まず、個人的には完結したからこそオススメしたい漫画となりました。完結までの間は面白いとは思うものの、人を選びすぎる漫画だろうなあ、と思っていました。漫画を貫くディストピア感、世代を越えた英雄譚が紡がれていく重厚感、攻城戦を始めとする戦闘の緊張感、白皮という人の近縁な存在の化物に対する嫌悪感、愛着のあるキャラクターが次々と倒れていく絶望感、そして感動。どれもが高レベルにあったと思います。ただ、どうしても要素が多くなってしまったせいで、毎巻読むごとに、特にキャラクターの違いと時代の前後には戸惑うことも少なくありませんでしたからね。

ちなみにディストピアは漫画では描かれることの多い舞台ですけれども、「リュウマのガゴウ」に関しては環境的には「風の谷のナウシカ」をもっと悪化させた感じと言えばわかりやすいでしょうか。そして世代を越えた英雄譚というところで言うと漫画では「ジョジョの奇妙な冒険」がわかりやすいでしょうかね、個人的にはどちらかと言うとゲームの「ロマンシング・サガ2」や「俺の屍を越えてゆけ」の方が近いイメージですけれども。また対非人間の攻城戦と言えば、どうしても「進撃の巨人」を連想してしまいます。更に白皮の気持ちの悪さはわりと「EVA量産機」に近いと思います*1。キャラクターが次々と倒れていく絶望感は「バスタード」の方舟での戦闘を思い出しました。

こういった他の作品との比較はあまり好みではありませんけれども、上記のような要素が絡まっていて高いレベルにある漫画ではあったと思います。どちらかと言うと、もう少し要素を削ってどこかに特化した描き方がされていれば、もっとわかりやすく万人受けしたのかもしれないなあ、などと考えてみたりしました。ただし、9巻の感想でも書きましたが、わかりやすいことが面白いことと同じではありませんので、こればかりは個々の漫画の個性を愛すべきなのでしょうね。そして「リュウマのガゴウ」は愛すべき漫画たり得ていると思います。


ところでキャラクターは、判別が難しい人物も少なくはなかったのですけれども*2、魅力的なキャラクターはかなり多かったです。特にビッグボス団のリュウマと賭博街オリビアのリュウマたちが、まがい物のリュウマとして登場して、最終的には本物の1人として戦っていくところは涙腺が緩んでしまいました。そして神州倭のリュウマコンビは登場するまでの間、あとがきで随分と楽しませてくれましたね。9巻の感想で1番好きなキャラクターとして挙げていた「アインス」さんは10巻で思っていた通りの展開が待っていましたが、想像以上に意味のある役割を背負ってくれたので、悲しい反面喜ばしい気持ちにもなりました。一々名前を挙げておきたいキャラクターもまだまだいるのですけれども、キリがないのでこのくらいにしておきますが、つまりはそのくらいに魅力的なキャラクターが満載なのです。


そんな訳で「リュウマのガゴウ」10巻は少し寂しさを感じさせる完結巻となりました。確かに最後は駆け足気味で描き足りていない部分もあるのだと思いますが、個人的にはこれ以上は蛇足感が強くなりそうだな、と思いましたし、しっかりと終わってくれて良かった、と今は納得できますね。今からお話を再構築すれば、もっと全体的にスッキリするかもしれませんが、少しごちゃごちゃっとしたところもリュウマのガゴウの魅力のように感じたりします。「リュウマのガゴウ」のような「しっかりと読むと面白い」漫画が、慌ただしい世の中でも、もっと受け入れられて欲しいな、と思います。

*1:色々な種類の白皮がいますが、特に口が

*2:そもそもガゴウシステムのおかげで「リュウマ」はたくさんいますし…

【読書感想】「ザリガニはなぜハサミをふるうのか」

活字本

ザリガニはなぜハサミをふるうのか―生きものの共通原理を探る (中公新書)

ザリガニは子どもたちの人気者であるが、実験動物として生物学者の間でも人気が高い。ものの気配を感じとって大きなハサミをふり上げる格好は、子どもだけでなく大人にも面白いが、この定型化された振舞いがどうして起こるかは、やっと最近になって明らかになってきた。分類と分布、体のつくり、生活史、感覚・行動など、一つの動物を通して動物学の共通の原則が理解できるように試みた、ザリガニづくしの異色の本。

Amazon内容紹介より

映像研には手を出すな!」の帯に「ドラえもん、宮﨑駿、そしてザリガニが好きな人、集まれ!!」と書いてあったのを読んで、一番最初に頭に浮かんだのが、随分と長いこと積んであったこの本のことでした。こういうことがあると、今が読み時なのだろう、ということでスムーズに読み始めることができますね。キッカケは何でも良いのですが、こうやって連鎖反応的に読む本が決まっていくのはとても気持ちが良いです。


さて「ザリガニはなぜハサミをふるうのか」ですが、かなりキャッチーなタイトルではありますけれども、わりと難易度高めの新書でした。特にニューロンに関して書かれた後半の内容は、生物学の素養がないと厳しい読書になるかもしれませんね*1。ただし、文章と説明は丁寧ですので、しっかりと読んでいけば追っていくことは可能だと思います。図鑑のようにザリガニの生態について詳しく読みたい方には向いていないかもしれませんね。

とは言え、特に前半のザリガニに関しての興味深い記述の数々は本書に引き込まれること間違いなし、でしょう。とても身近なザリガニという生物に関する本ですし、そのザリガニには多くの方が幼い頃に一度は触れたことがあるでしょうから、そんな身近な生物であっても知らないことだらけだと言うことも感じられますし、単純に幼い頃の触れ合いを思い出して楽しめることも多いかもしれません。少なくとも自分はかなり楽しめました。

もちろん自分が幼い頃に触れていたザリガニにしてもそうですが、大抵の方が触れていたザリガニは外来種であるアメリカザリガニだと思われます。アメリカザリガニが外来種であることは、わりと広く知られている事実だと思いますが、そのアメリカザリガニが帰化した時の話も書かれており、地元にわりと近いところがアメリカザリガニが日本に帰化する第一歩の土地だったことを初めて知り*2、何とも言えない気持ちになりました。しかも、自分の祖父母の世代くらいの時代から100年経たずに、ほぼ日本全国に分布してしまっており、理由としては結局は人間に依るところが大きかっただろう、ということで人が同じことを繰り返している愚かさを感じられてしまったりします*3


ところでアイヌ名ではザリガニのことをテクンペコル・カムイ*4と呼んでいたらしいのですが、食べることはしなかったようなのでゴールデンカムイには登場しないかな、とか考えてしまいました。いわゆるカニ味噌である中腸腺をヒンナヒンナと美味しそうに食べるアシリパさんは見ることが出来なそうで残念です*5


そんな訳で「ザリガニはなぜハサミをふるうのか」は少し難しい部分もあるものの、全体とすれば身近な生物であるザリガニの興味深いお話の詰まった楽しい読書ができる本でした。生物学の素養がある方であれば、より楽しめるのではないかな、と想像します。

*1:自分にはあらゆる素養がないので、かなり厳しかったです…

*2:そして碑も立っていることを知り

*3:もちろんザリガニに関して、当時は必要と考えられていた訳ではありますが…

*4:手袋を持っている神の意

*5:しっかりと史実に則ってくれているところがゴールデンカムイの良いところなので、食べなかったとされているザリガニを食べられてもガッカリですから、それで良いのですが…

11月の『最近聴いている曲』Temple / Matthew & The Atlas

音楽 音楽-最近聴いている曲

2016年11月から年をまたぎ2017年2月末までサイドバーに貼ってあった『最近聴いている曲』です。更新をしていなかっただけで、もちろん音楽は聴いていましたけれども、12月以降にはこのアルバムを聴いていたことはほとんどなかったのですが、一応記録には残しておきます。

Temple / Matthew & The Atlas
Temple
Matthew & The Atlasによる2016年の2ndアルバム。「Bon Iverのような」と形容されるのがよくわかる。個人的にはもう少し感傷的なイメージがある。若干骨太感のあるオッサンVo.がとても心地良い。全体としては新しさよりも懐かしさを感じる楽曲が多い。少しエモーショナルすぎて疲れる部分があるので聴くタイミングは重要かも知れない。1stは実はまだ未聴なので手に入れて聴いてみたい。


Matthew and the Atlas - Elijah | Mahogany Session

基本的にほとんどのアーティストに関して音楽以外の情報を仕入れないので、今回Youtubeで観る時に初めて彼らのビジュアルを知ったのですけれども、思った以上に声から想像するままのビジュアルで少し笑ってしまいました。それにしてもMahogany Sessionは自分好みの音楽をたくさん流してくれるので嬉しいです。日本の音楽シーンでこういったチャンネルってあるのでしょうかね。自分が知らないだけの可能性は多いにありますけれども。


Temple

Temple